トピックス

Topics

> HOME > トピックス > 定期巡回・随時対応サービス・居住支援のシンポジウム開催のご案内

定期巡回・随時対応サービス・居住支援のシンポジウム開催のご案内

セミナー

イベント

2020年11月06日

24時間在宅ケア研究会主催で以下のシンポジウムを開催します。
皆様の参加申し込みをお待ちしています。

【テーマ】
コロナ禍における定期巡回サービスと居住支援業務との連続性・親和性

【シンポジウムの内容】
コロナ禍における有効的な介護保険サービスとして、定期巡回・随時対応サービスが注目を集めています。
また、事業者は定期巡回・随時対応サービスと居住支援業務を行うことで、経年で変化する利用者のステージに即したサービスを連続性・親和性をもって提供することができます。
利用者のニーズに応えた事業の継続性、地域包括ケアシステムを実現する定期巡回・随時対応サービスと居住支援業務についてお伝えします。

【日時】 
2020年11月30日(月)14:00~16:50

【会場】 
ベルサール高田馬場 または Zoom(Web配信)

【会場住所】 
東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー1階

【参加費】 
24時間在宅ケア研究会会員・行政職員 無料
上記以外の方 1,000円(税込)

【議事・講演者・パネリスト】
<講演> 
今こそ必要な定期巡回・随時対応サービス ~将来性と居住支援とのシナジー~
<時間> 
14:00~14:20
<講演者> 
津金澤 寛(一般社団法人24時間在宅ケア研究会 理事)

<基調講演1> 
第8期介護保険制度の動向について
<時間> 
14:20~14:40
<講演者> 
笹子 宗一郎(厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課 課長)

<基調講演2> 
「居住支援」を知ろう
<時間> 
14:40~15:20
<講演者> 
村木 厚子(津田塾大学 客員教授、元厚生労働事務次官)

<パネルディスカッション> 
居住支援と介護保険への期待
<時間> 
15:30~16:50
<コーディネーター> 
井上 由起子(日本社会事業大学 教授)
<パネリスト>
村木 厚子(津田塾大学 客員教授、元厚生労働事務次官)
笹子 宗一郎(厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課 課長)
藤田 一郎(国土交通省住宅局安心居住推進課 課長)
津金澤 寛(一般社団法人24時間在宅ケア研究会 理事)
神野 敏幸(一般社団法人家財整理相談窓口 代表理事)

【申込方法】
添付ファイルの参加申込書に必要事項を記入いただき、
24時間在宅ケア研究会事務局までFAXにてご返信ください。
・24時間在宅ケア研究会 FAX 03-3207-0777

【申込期限】 
2020年11月20日(金)必着

<< チラシ >>
20201130シンポジウム